ボイトレ5回目

前回、ボイストレーニングに行った夜にカラオケで歌いまくった結果、口の中が切れたらしく、そこから口内炎を発症…。

歌いすぎて口内炎になるとかwww
初めての経験。

予定していたレッスンを一度キャンセルし、口内炎が治りかけで改めて予約し、お詫びにとかわいらしいケーキを持参してきたできるおっさん。

また、時間が少し空いた…。
今回は、のどの痛みから全く歌っていない状況。

ただ、前回得たコツはもう忘れない。

・リラックス
・やさしく歌う
・鼻から抜くように

前半トレーニング内容
・呼吸
・ハミング
・リップロール
・「オッ」で発声練習

ハミングがまだ出来たり出来なかったりする。
頭の上から抜けるように音を出そうという意識が反響させようという意識になってしまい喉を使ってしまう。

喉に力が入っているとすぐバレる…。

ひとまえず、一通りこなしてから実践レッスン。

選曲:『鱗(うろこ)』(秦基博)

この局は、低音パートから一気に高音パートへと歌うところが肝。
一度歌ってみると「高音が苦しそう」との事。

納得。

その理由は、音の取り方にあるらしい。
低い音で合わせてしまうと高音で対処しきれなくなり、喉に力が入って全部ダメ。

最初から高音(ピーク)の音をベースにして、低音は、そこから下げて歌うようにする事で音の変化に対処できるとの事。

なるほど!

確かに、低音スタートの曲だと。歌の最初は地声に近い感じを意識してしまうが、これが、そもそも間違っているようだ。

最初から”軽やかに”歌う意識を保つ事。

という事で以下の内容で歌レッスン続行。
1.普通に歌う
2.高音キープを意識して小さな声で歌う
3.全部「パ」で歌う
4.口を大きく開いたままハミングで歌う
5.普通通りに歌う
6.感覚を覚える為にもう一回

4回目の口を大きく開いた状態でハミングする事によって、喉に力が入ったりという誤魔化しが効かなくなるそうな。

確かに。

5回目は、高音キープ、口をしっかり動かして言葉のメリハリを持たせる。そして、下腹部の意識を忘れない事。

高音が辛そうになる時は、下腹部の意識が抜けている事が多いから、そこは注意すべきとの事だった。

この下腹部に力をしっかり入れる時、下半身もどっしり構えるようにすると、自ずと声の出し方でも踏ん張りが効く気がする。

また、高音を出す時は、特に喉の力を抜く事が重要。
なので意識的に顎を引く方が良いとの事だった。

そんなこんなで5回目、6回目は、割と歌として成り立っていたように感じる。
まだ、レッスンの途中でしかこの感覚が出てこないので、最初から、出せるように、していきたいところだ。

こんな感じで、今回のレッスンを通じて新たに得たコツを含め重要なポイント。

・肩から上のリラックス
・やさしく歌う
・鼻から抜くというより軽やかに
→この時の喉のキープが重要らしい

・基本的に高音を意識した声の出し方
・高音の時は顎を引いて

・下腹部は力を入れるが引っ込めない
・下半身の踏ん張り

・口をてきぱき動かし言葉にメリハリ

特に「軽やかに」という意識が歌に直結する部分として重要だと感じた。
喉がリラックスできていても、やさしく歌えていても、地声のようだと高音に対応できないので意味が無い。詰まって聞こえる。

それが、軽やかさを意識し歌う事で自然と響く声を出せるようになる。
当分は、ここの意識を強化。

ただ、6回も歌ったのに、前回より普通に声が出るので正解に近づいているとは思う。

後、舌を鍛える自主トレの方法として、歯と口腔の間を舌先を動かす方法とV字に折って伸ばす方法を教わったので、それも含めて練習。